金属アレルギー治療

金属アレルギーとは

私たちは飲料水や食品の重金属汚染には敏感ですが、口の中の金属には以外に無頓着です。口の中の金属はイオン化して溶け出しやすく、唾液・口腔細菌・血液などのタンパク質と結合して抗原性(アレルギー性)を持つようになります。
その結果、皮膚炎や肌のシミ・しわなどを生じるようになります。

また、口の中の金属は帯電しやすく、ガルバニー電流と呼ばれる微弱電流を生じて、脳活動を混乱させたり、頭痛や関節痛を増悪させたりします。

これらの様々な症状を「金属アレルギー」と呼びます。口の中の金属によるアレルギーの危険性はピアスやネックレスによる感作や長い期間にわたる金属の体内蓄積によって増大します。現時点で最も懸念されていることは、口の中の金属が、免疫力の低下による老化や発ガンの原因になっているのではないかということです。

金属アレルギーの診療内容

診察や検査では、本当に金属が原因なのか、その金属は歯の金属なのか、他の誘因や原因との関係はないかなどを詳細に調べていきます。しかし、歯科金属と身体疾患との間の因果関係を明確化させることは困難な場合が少なくありません。

一般に金属アレルギーの検査には、パッチテストがよく知られていますが、検査によって新しい金属に感作をさせる危険性も否定できません。それ以外にも、いくつかのユニークな検査法があります。

金属は歯の修復治療の材料としては、強度・加工性に優れ、特に、奥歯のかぶせ物として多く使われていますが、もし、口腔内にアレルゲンとなる金属が認められた場合、それらを除去することが治療となります。

では、これらを除去した後の修復材料はどうなるのでしょうか?
アレルゲン以外の金属を使用するか、現在、セラミックや樹脂系とのハイブリッド材料の進歩が著しく、奥歯の咬合圧にも耐えられるものがでてきたので、これらによる、「ノンメタル治療」が必要となります。