皆様へのお知らせ

歯の健康寿命を伸ばそう!

 
歯の健康寿命を伸ばそう!
 
 
現在、日本の平均寿命は、女性87歳、男性80歳です。
 
では、80歳以上で残っている歯の数は?
 
 
9、8本 !
 
 
歯科予防先進国のスウェーデンでは、20本
 
保険診療がないアメリカでは、13本
 
 
日本人は、歯が痛くなってから歯科医院に行くのです。
 
 
治療費は保険適用のため、自己負担は少ないですが、自分の健康は自分で守るためには予防する事が大事です!
 
歯科医院を自分の健康管理の場所として、定期的なメンテナンスの場所にしましょう!
 
 

予防へのパラダイムシフト!・・・歯周病から認知症へ?

 
35歳を過ぎると、歯周病が増えてきます。
 
40歳では、約80%の人が歯周病になっているのです。
 
痛みがなく進行するので、歯を失う原因となります。
 
 
それ程痛くないのに、歯を抜く?と言われて、ショックを隠せない患者様がとても多いのが現状です。
 
虫歯の場合は、進行するにつれ痛みが増してくるので、患者様も自覚し覚悟して来院されますが、
 
重度の歯周病でもさほどの痛みがなく、抜歯の可能性について説明すると驚かれる方が多いのです。
 
 
歯周病菌は、サイトカインという炎症物質を出し、
 
歯茎が腫れると同時に血行に乗って身体中に運ばれてしまいます。
 
 
脳は、脳脊髄関門というバリアに守られていて、細菌などは侵入できないようになっていますが、
 
このバリアを通過してしまい、認知症の原因である脳のゴミと言われるアミロイドβが脳内にたまっていくのです。
 
また、プロフィロモナス・ジンジバリスという菌が出すLPSという毒素も
 
認知症の患者様の脳内で検出されています。
 
アミロイドβが脳内に溜まってから、認知症が発症するまでに約25年かかると言われています。
 
 
認知症の急増する70歳から25年を差し引いて、45歳までに歯周病にならない予防管理が必要ですね。
 
 
 
 
 

小児・予防・矯正・インプラント・義歯は – つくば市の大久保歯科医院
自分の力で治す15歳までの歯並び – マイオブレース矯正
未経験から歯科アシスタント(DA)へ – 歯科アシスタント養成講座
復帰したいDHさんを応援! – つくば歯科衛生士復職プロジェクト

 
 
 
 
 

お知らせバックナンバー